2018年06月29日

ロシアWC


GL突破!
ポーランド戦は色々と言われてるけど、(結果として)良かったと思います。


自力で突破したかったのはそりゃ当然その通り。

ただ決勝トーナメントに進める条件が整っていたならそれを選択しても当然いいと思う。

そもそも大会って、良い試合をするために参加しているわけじゃないわけで、
勝ち抜いて、かつ良い試合が望ましいっていうだけで、
あれが決勝トーナメントに進むための監督の選択というなら、
トーナメントに進めた今、それは尊重するべき。

無気力ではなく、進むための戦略だったというだけ。
欠陥ではなく、FIFAが定めたルール規定。

セネガルだって、コロンビアに勝つか日本に勝てばよかったというだけ。


もちろん、あれでセネガルが追い付いたり、2点目失点するようなことがあって、
決勝トーナメントに進めなかったら、それは判断を間違えた監督を総叩きにすると思います。

今回は「結果として」正しかったというだけ。


勝ち方を叩くよりも、ポーランドのフリーキックからのクソドフリーになってる状況を叩くべきなんだよなぁ。

あと控えのメンバーはやっぱり控えということがよくわかりました。

【日記の最新記事】
posted by pion at 22:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

運上昇値


結婚艦が増えたので、運の上昇値を改めて見てみただけ。

3 → 政略結婚
4 → Lv99感謝の気持ち程度
5 → 結婚!?(照)みたいな感じ
6 → 結婚!?(当然ね)みたいな感じ

という妄想で見てみた!


■+3
蒼龍(改二)
阿武隈(改二)
北上(改二)
瑞鳳(改)
伊勢(改)
扶桑(改二)
サラトガ(改)
摩耶(改二)
呂500
隼鷹(改二)
漣(改)
時津風(改)



■+4
飛龍(改二)
古鷹(改二)
日向(改)
熊野(航改二)
浜風(改)
名取(改)
朝風(改)
松風(改)
旗風(改)
伊8(改)


■+5
加古(改)
金剛(改二)
大井(改二)
アクィラ(改)
時雨(改二)
伊26(改)
伊168(改)


■+6
榛名(改二)
鈴谷(航改二)
飛鷹(改)
夕立(改二)
秋津洲(改)
神風(改)
白露(改)
海風(改)
春風(改)
鹿島(改)
伊58(改)
伊19(改)



()は結婚タイミング



蒼龍が+3だった!ショック
まあでも確かにあの頃は古鷹、加古のほうが可愛くて仕方ない頃だったような。
+3のメンツが政略結婚っていうのがリアルすぎた。

+3の蒼龍から扶桑って、Lv99になったら見境なしに結婚してた頃なんだけど、
もしかして結婚時の乱数調整された?


逆にこの前結婚艦増えるまで、+6は榛名だけだったっぽい。


+4は・・・
うん、なんとなくそんな感じする。
浜風から旗風あたりは5−4のお供でとりあえず回っていた感じ。


+5は、
なるほど、好感度高い艦娘かもしれない。
現時点で一番レベルが高いのが加古の163、次いで金剛162
加古は演習でずっと上げてた(コンディション値が100から落ちるのがなんとなく嫌なので)
アクィラも結構好きでレベリングしてたし、時雨も駆逐艦では早い段階で改二にしたような。
伊168は最初の潜水艦。


+6は
神風、春風、白露、海風は好きでレベリングしてた。
飛鷹は一度轟沈したことあってから反省して戻したなーと。
58はオリョールどころか最近海に潜ってすらいないんじゃないかと。


posted by pion at 02:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

E7


秋津洲を35まで育てて、装備を剥ぎ取り、
火曜の夜からE7甲へ。

当然ですけど、めっちゃきつかったです。

第1ゲージは決定的な場面が2回あって、
残り110から、北上、鳥海の連撃で装甲を抜けなかったのが1回、
残り30に妙高の魚雷カットインで15ダメだったのが1回
どれも小破にもなってなかったのに・・・。

速吸入れないとまだ沼だなって感じだったので速吸を入れて

e7-1.png

速吸改(Lv97) 夜艇、洋上補給、缶(+タービン)
秋月 10cm連装高角砲+高射装置★9 対空電探改★6 探照灯
北上 甲標的 OTO152mm三連装★6 x2
阿武隈(運39) 甲標的 61cm四連装酸素魚雷★MAX x2
時雨(運55) 61cm五連装酸素魚雷★6 x2 61cm五連装酸素魚雷★9
鳥海 20.3cm(3号)連装砲★6 OTO152mm三連装★6 x3

最終的にこれで、時雨のカットインで終わりました。
15夏イベの最後を思い出すわ。
あの時はダメだったけど、練度も装備もだいぶ上がったなぁと。
本当によくやってくれた。

この時点で21日の20時。

e7-1-end.png


ここから第2のルートとギミック。

時間がやばいので、ついに女神を導入しました。
21日はゲージを半分くらい削って、2時くらいになってしまったので中断。

会社の昼休みにスマホで1回削り、
22日、20時30分ごろに帰ってきて、もう1度削ってラスダンに突入。

削り編成のまま試しに行ってみたら、T字不利でD敗北した。

こっちも速吸入れないと無理だなって感じで、
2つ洋上補給を積んで、4回目か5回目くらい。

すでに深夜1時30分くらいで、

T有利で来たって思ったんだけど、
結果、昼戦の時点で旗艦含めて4隻姫が残ってて、正直絶望的だった。

というか、俺は諦めてて、寝る準備とかしてて画面見てなかったんだけど、

e7-2.png

阿武隈がカットインしてて、鳥海の連撃でゲージを破壊してました。

多分、大和の支援来てくれてたんじゃないかと。

絶望的でも諦めてはいけないって、まさか教えられるとは。

速吸 洋上補給x2 缶(+タービン)
朝潮(Lv98) 先制対潜装備 探照灯
霞 10cm連装高角砲+高射装置★9 対空電探改★6 探照灯
阿武隈(運39) 甲標的 61cm五連装酸素魚雷★9 61cm五連装酸素魚雷★6
北上 甲標的 OTO152mm三連装★6 x2
鳥海 20.3cm(3号)連装砲★6 OTO152mm三連装★6 x2 夜艇

第2も最初は洋上補給使ってなかったんだけど、
ボスで全然回避できないから特効艦いてもワンパン大破ばっかりできつかったので、導入。


割り編成は、

e7-4.png

e7-5.png

瑞鶴も翔鶴も艦載機残ってたから良かったけど、
改めて見ても、流石に昼戦の第1の戦果はひどかった。

落とせなかったけど中大破はしてたからまだ良かった・・・?
でも昼で2隻まで減らしたりとか普通にあったし。

まあ、割れたので良かったです。

昼悪い分、夜に乱数が流れたってことで。

基地航空は劣勢調整を2部隊(戦闘機2、陸攻1、二式大艇)と、陸攻4でボス集中で。
陸攻4の特効部隊は正直微妙だと思った。
劣勢調整部隊のほうが第2部隊を1隻でも落としてくれることがそれなりにあったけど、
陸攻4は全然刺さらない。
ってももう送れる戦闘機ないので、陸攻4しか選択肢がないんですが。


2018_w_1-4.png

2018_w_5-6.png

2018_w_7.png

無事、1期最後のイベントで甲提督になれました。

最後のBGMはBGMミュートでも流れました。
ボイスはONなのでボイス扱い?かな?

最終的に女神は4回だったと思う。
みんな無事に母港に戻ってます。


今回のイベントに関しては本当に楽しかったです。
最後クリアできて、「楽しかった」に変わりました。
E7はいろんな突破編成を見て、ホントに参考になった。

第1ゲージも最初は、
阿武隈(魚雷2)
摩耶(連撃+対空CI+夜艇)
朝潮(先制対潜+探照灯)
北上(連撃)
雪風(魚雷3)
妙高(魚雷2+照明弾+見張り員、運40)

っていう編成でやってたんだけど、妙高がスカったのと、
正直なところカットイン自体が沼編成に感じたので、
まずは鳥海を入れようと思った。
朝潮は入れても潜水幼女を先制で中破にできないことが多かったので、
抜く方針に変えた。
かつ、速吸を入れるには?って感じで、最終的にあの編成に。

今回連合艦隊は第1はほとんど固定メンツだけど、第2は人によってかなり差が出るよね。


冬イベ期間中の課金額ですが、
結婚したのも含めて3万円チャージで、2600ポイント残ってました。
女神は買ってないけど、補強増設に結構使ったと思う。

何はともあれ、クリアできたので満足です。


課題ですけど、
まあ、見ての通り、夜間戦闘機も攻撃機もないので、これは作っておかないとな、と。

Lv133の瑞鳳ちゃんはイベント海域に出すことはなかったけど、
熟練度上げるために1-1に出撃しまくってました。

あとは★6で止まってる装備の改修とかかな。
イベ中は、秋月砲1本を★6から★9にしたのと、鳥海用のOTO副砲を3つ無改修から★6まで上げたくらいかな。

しばらくは新艦のレベル上げですかね。

E7第2ゲージの削りも割も特にドロップはなかったけど、
割の時はドロップが瑞鳳で運命感じるからこの子を乙まで育てようかな

posted by pion at 02:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

!

akitsushima.png
posted by pion at 00:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする